Tag Archives: 立命館大学

●空間の限られた範囲にだけ音を届ける事ができる超音波スピーカー

 

立命館大学 音情報処理研究室の研究

 

150に及ぶ小さなスピーカーひとつひとつが超音波を出すことで

空間の限られた範囲にだけ音を届ける事ができる

 

複数の超音波信号を発し、

それらが1点に混ざり合ったところだけに音が発生する技術

 

音は高すぎると聞こえないようになるが

超音波と超音波を重ねると

2つの超音波が打ち消しあって音が低くなる

それを差音と言い、結果 音が聞こえるようになる

 

リビングでそれぞれ違った音を1つの部屋で楽しめるようになる (221)

スポンサード リンク

●土の健康診断で有機野菜栽培を容易に

立命館大学 生命科学部:久保幹 教授

農業の基本は土

久保はそれを科学的分析を行い、

農作物に最適な土壌を作り出す

 

・SOFIX(ソフィックス)

久保が独自に開発した土壌肥沃度診断

田畑の土の状況を科学的に分析する土の健康診断

久保が注目したのは、土の中の微生物

その数が多いほど土の健康状態が良いという

田畑に与えた有機肥料は微生物のエサになる

微生物がそれを窒素やリン、カリウムなどの無機物に分解すると

作物が栄養素として吸収

有機肥料は微生物も作物も元気にする

一方、窒素やリン、カリウムなどの化学肥料を直接与えると

作物を育てる即効性はあるが、微生物のエサにはならない

そのため微生物の数が増える事はない

 

微生物の多い畑で育ったトマトは

1か月経ってもみずみずしいという実験結果も

 

しかし有機肥料の畑にもデメリットはある

収穫量が安定せず再現性が低い

有機農業は教えるのも教わるのも難しく、長年の経験と勘が必要

常に土の状態を見極めなければならない

久保は土1g中にいる全ての微生物のDNAを取り出す事で

その数を引き出す事に成功した

そして土の状態をグラフ化、微生物の数とバランスを青い三角形で表示

同時に土の成分も分析

そうした健康状態を取り戻した土はサラサラでフカフカ

収穫量が増えたトマトは、

抗酸化作用があるリコピンと旨み成分のグルタミン酸が通常の2倍 (3502)

夢の扉+で紹介

●小西聡の1/1000mmマイクロマシン

ワイヤーボンディング技術を用いた空間配列型微小電極プローブ

立命館大学 小西聡が開発するマイクロマシンは電気を使わずに動く

マイクロマシンの関節部分には風船のような袋がついている

空気を送ると袋が膨らみ、指が曲がる仕組み

素材は柔らかいシリコンゴム

 

●0.2mmの生きた細胞組織をつまむマイクロマシーン

再生医科学研究所の田畑泰彦 博士と進めるプロジェクト

小西のマイクロマシーン技術で0.2㎜の細胞組織を掴む

新薬の開発に革命を起こす

新薬の効果を見るには細胞組織を使った実験が有効

その際、ピペットを使い 細胞を吸いこむという作業があるのだが、

ピペットの吸い上げる水流によって細胞の表面が死んだり、潰れたりしてしまう

小西は0.2mmの細胞組織を傷つけずに運べるマイクロマシンを開発

シリコンゴムの柔らかいフィンガーが0.2mmの細胞を掴み上げる

 

これによってあらゆる新薬の開発をスピードアップできる (373)

スポンサード リンク