発泡スチロール製のドームハウス

開発・販売しているのは、ジャパンドームハウス株式会社
 
 
発泡スチロールを接着剤で貼り合わせるのに2日間
さらに高い断熱性のおかげでエアコンは1台でOK
木、鉄、コンクリートに次ぐ
第4の建材として世界的に注目されている
 
・強度
一般的な発泡スチロールの空気が
50倍に膨らませているのに対し、
新しい建材の発泡スチロールに含まれる空気の量は、20倍
 
・難燃性
本来 発泡スチロールは燃えやすいが、
新しい発泡スチロールは、難燃剤を混合しており、
燃えにくく、わずかに変形する程度
10年に及ぶ研究の末、第4の建材として認められた
 
・値段
ベーシックなタイプで700~800万円
 
千葉大学の一角では、発泡スチロールの
断熱性を生かした植物工場が稼働中

(117)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク