取り壊すしかなかった建物を再生するリファイニング建築

取り壊すしかなかった建物を再生し、

耐震補強を行い建物の寿命を延ばすリファイニング建築

建築家/首都大学東京:青木茂が、15年以上かけて確立させた

 

リファイニング建築は、人間にダイエットに例えられる

体重が重いと膝に負担がかかる、

まずは体重を減らし、その上で筋肉をつける

これがリファイニング建築の考え方

 

1933年に竣工した市役所として建てられた街のシンボル

青木は、戸畑図書館(北九州市)に改修した

まず構造上取り除くことができる壁や床を外し、建物全体を軽く

必要な箇所を全て補修したのち、

今の耐震基準に合うよう補強を行う

これで建物の寿命は延びる

費用は建て替えた場合の2/3で済んだ (314)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク