自己修復する電気配線

●自己修復する電気配線

早稲田大学 理工学部:岩瀬英治の研究

 

金属ナノ粒子という非常に小さな金属の粒子が含まれた液体を

亀裂が入った電気配線に垂らし電圧をかけると、

亀裂の入った電気配線の部分に電気的な力が作用する

 

すると金属ナノ粒子に力が働き、

亀裂部分に粒子が集まり亀裂をつなげる

 

この現象を電界トラップという

 

粒子が分散した液体に電気配線を包むことで

断線しても勝手に修復してくれる電気配線が誕生する

 

一時的な修復するのではなく完全に修復できる (165)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク