わずか3億円で衛星を製造するアクセルスペース

夢の扉+で紹介

人工衛星を製造し打ち上げるまでの費用は数百億円

それをわずか3億円で実現するベンチャー企業

中村友哉CEOが率いるアクセルスペース

その製造拠点は都心のビルのワンフロアーにある

手造りのクリーンルームで作られているのは、50㎝四方の超小型衛星

打ち上げまでにかかる期間も

JAXAの「だいち」9年に対し、2年以内が目標

その費用は470億円に対し、3億円

 

内閣府と東京大学が薦める地球観測プロジェクトの

「ほどよし1号」の製造を多掛けている

地上をカメラで観測する事が主な目的

 

●人工衛星の製造費を1/100にした秘密

例えば、人工衛星の角度が1度狂っただけで

地上の撮影ポイントは10キロもズレてしまう

中村らは誤差 数百万分の一度のセンサーを自ら作り、開発費は850万円

その他にも主要な機器の多くを自分たちで開発する

大型の衛星と違い、搭載する機能を必要最小限に絞り開発期間も短縮

小さくて軽い衛星は、大型衛星の打ち上げに相乗りさせてもらえる

 

2013年11月21日、「ほどよし1号」をロシアで打ち上げ

しかし切り離された「ほどよし1号」は予定の軌道を外れ、

想定以上の強い放射線を浴びたことで姿勢を制御するセンサーが故障

「ほどよし1号」は失敗した

 

2014年11月6日、「ほどよし1号」をロシアで打ち上げ、分離に成功

午後8時56分、「ほどよし1号」からの信号が届いた (340)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク