血管の硬さも測る血圧計:PASESA(パセーサ)

夢の扉+で紹介された新しい血圧計

 

血液を全身に流す血管が硬くなり、心筋梗塞、

くも膜下出血、大動脈瘤など恐ろしい病気を引き起こす

20代の欠陥の硬さは、塩化ビニール製のホース、弾力性があってしなやか

硬くなり始めた血管は、ガスホースの硬さ

通常の健康診断では動脈硬化は調べられない

 

そんな血管の硬さを気軽に知り得るのが、

●血管の硬さも測る血圧計:PASESA(パセーサ)

 

1分ほどで血圧と共に血管の硬さも測れる

開発したのは、志成データムの社長:斉藤之良

医学とは縁遠い電気エンジニア

開発に至るまで20年以上

 

従来の検査にはなかった独自の指標が、

AVI(中心動脈の硬さを表す指標)

 

心臓は拍動する事で全身に血液を送る

その拍動に合わせて血管は膨らんだり縮んだりを繰り返す

これを脈波と呼ぶ

血管が硬いと脈波が速く伝わり、柔らかいと遅く伝わる

下半身から反射する脈波は中心動脈を通り、

その硬さを反映している

パセーサは、この脈波をキャッチする (1898)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク