マーズカンパニーの魔法の氷:シースノー

ガイアの夜明けで紹介された魚の価値を高める驚きの技術

それはマーズカンパニーの魔法の氷

魚の鮮度を保つ特殊な氷:シースノー

魚は0℃以上になると腐るスイッチが入る

逆にマイナス2℃以下になると凍り始めてしまう

シースノーを使う事によって

マイナス1℃を中心に魚の温度をキープしてくれる

 

塩分1%の水を徐々に凍らせ結晶を作る

その結晶から余分な水分を抜く事でマイナス1℃を維持する氷となる

シースノーで3日間保存した魚と通常の氷で保存した魚の鮮度を比較

 

獲れたての鮮度が15.0だったのに対し、

通常の氷で保存した魚は10.0、シースノーで保存した魚は14.5、

ほとんど獲れたてと変わらない数値を示す (2787)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク